ピコ太郎、ついにMステで生歌唱!三代目JSB、乃木坂46、KinKi Kidsらも出演で最新曲披露

2016.11.4 18:14

ピコ太郎、ついにMステで生歌唱!三代目JSB、乃木坂46、KinKi Kidsらも出演で最新曲披露サムネイル画像

今夜放送されるテレビ朝日系「ミュージックステーション」に“PPAP”が世界的なブームとなっているピコ太郎が出演、生パフォーマンスを披露する。

YouTubeでのオフィシャル動画の再生回数は7千万回以上、その動画がジャスティン・ビーバーに紹介され、一躍世界から注目の的となっているピコ太郎の「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」。今夜、そんなピコ太郎がついにMステで生パフォーマンスを披露。『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)「ロング」バージョン』をテレビで初お披露目すると言う。

また、三代目 J Soul Brothersは、11月9日にリリースされる新曲で、進化していく街、TOKYOを表現したという最新曲『Welcome to TOKYO』を披露。三代目らしいEDM調の中に、笛の音など日本らしさを取り入れたメロディーに注目が集まる。

また、人気4人組ロックバンドの[Alexandros]は、話題のCMソングでシティポップ風の軽やかな楽曲『Feel like』を披露。水曜日のカンパネラは、最新曲『アラジン』をテレビ初披露。アラジンからボウリングを連想したというメンバーのコムアイは、いったいどんなパフォーマンスを見せてくれるのか期待がかかる。

乃木坂46は、卒業を発表した橋本奈々未のラストシングル『サヨナラの意味』を披露。KinKi Kidsは、最新曲『道は手ずから夢の花』をテレビ初パフォーム。この季節にふさわしいKinKi Kidsらしいしっとりとした楽曲を歌う。

関連画像