ドラマ「逃げ恥」主題歌、星野源「恋」が話題沸騰でランキング1位を獲得。アルバム首位は宇多田ヒカルの新作アルバム

2016.11.4 13:19

ドラマ「逃げ恥」主題歌、星野源「恋」が話題沸騰でランキング1位を獲得。アルバム首位は宇多田ヒカルの新作アルバムサムネイル画像

「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 2016年10月度」が発表された。

「レコチョクランキング」は星野源「恋」が初の首位を飾った。この楽曲は、星野源自身が出演する、TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌で、1年4カ月ぶりのニューシングル。このドラマは海野つなみの同名漫画が原作で、職ナシ彼氏ナシの主人公・森山みくり(新垣結衣)が恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡(星野)と「仕事としての結婚」をすることになり、恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、徐々にお互いを意識し出すというストーリー。

番組エンディングでは「恋」のMusic Videoで星野とダンサーが踊っている振り付けを、ドラマ出演者がカバーして踊る、”恋ダンス“が話題になっている。レコチョク週間ランキングでは10月19日(水)、26日(水)発表のランキングで二週連続1位を獲得し、2016年10月度に最もダウンロードされた楽曲となった。ドラマも”恋ダンス”も話題を集める中、引き続き注目の楽曲となる。

「アルバムランキング」は、宇多田ヒカル『Fantome』(ファントーム)が1位を獲得した。今作は約8年半ぶりとなるオリジナルアルバムで、「花束を君に」(NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌)、「真夏の通り雨」(日本テレビ「NEWS ZERO」テーマ曲)、「桜流し」(「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」テーマソング)、「道」(サントリー天然水CMソング)、「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」など全11曲を収録している。

週間ランキングでは10月5日(水)、12日(水)に二週連続で1位を獲得、10月26日(水)発表の週間ランキングでは再び1位に返り咲き、2016年10月度の月間ランキングで首位を飾った。収録楽曲から、新たに「人魚」が「大エルミタージュ美術館展オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」のテーマソングに起用されるなど、今後も勢いが続きそうだ。

関連画像