SMAP・中居正広が“厄年”エピソード明かし、自虐ネタも。「今年はバタバタ」

2016.11.2 21:42

SMAP・中居正広が“厄年”エピソード明かし、自虐ネタも。「今年はバタバタ」サムネイル画像

1日放送のテレビ朝日系「中居正広のミになる図書館」で、SMAPの中居正広が自身の厄年について語る場面があった。

番組では新企画として「居酒屋40題」をスタート。40代の男女が集まって「40代の悩みあるある」を中心にトークを繰り広げた。トークテーマの一発目として「なんだかんだ厄年って恐ろしい」が選ばれ、それぞれが厄年のエピソードについて語った。

厄年に起きた悲惨な出来事や、厄払いの話題などで盛り上がる中、MCの中居は「神社なんか10代から行ったことない」とコメント。「厄払いもやったことないし」と話す中居は「(厄年の)40、41、42(歳)の3年間1回も風邪も引かなかったもん」と明かして共演者たちを驚かせた。

しかし中居は「43(歳)のときにうちのパパが死んだのよ。(厄年が)終わって2週間くらいで亡くなったのかな。そんでその年に喉の手術したのかな」と、厄年が終わってから災難が続いていたことを告白した。さらに中居は「その次の年(今年)にバタバタした」と、解散騒動をほのめかす自虐発言をし、スタジオの笑いを誘っていた。

関連画像