高橋ジョージ、三船美佳との離婚に至った過程を赤裸々分析に「重い」「すごい説得力だ…」の声

2016.11.1 18:48

高橋ジョージ、三船美佳との離婚に至った過程を赤裸々分析に「重い」「すごい説得力だ…」の声サムネイル画像

31日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」で「THE 虎舞竜」の高橋ジョージが三船美佳との離婚騒動について語る場面があった。

番組では高橋が“しくじり先生”として登壇し、「長年連れ添った妻と離婚して孤独な老後を迎えないための授業」として、自身の経験も含めて熟年離婚や男女間のハラスメントに関する授業を行った。

夫婦での番組やCM出演の仕事が増えてきたころ高橋はよかれと思い、三船に出演した番組のダメ出しを言っていたという。このような仕事とプライベートの境目がない状況でも三船は我慢してくれていたが、2012年にとある番組で高橋が番組を盛り上げるために三船にひどい冗談を言ってしまったところ、「今日、私あなたと本気で離婚しようと思った」と言われてしまったとのこと。高橋は冗談だと思い本気にしなかったが、これが最初のサインだったのではないかと推測する。

その発言を受けてから1年4か月後、三船は子どもと犬を連れて家を出ていったと高橋は語り、「彼女の発言は本気だったんだなって、その時にそれしか思い浮かばなかった。今思えばあのロケから彼女との関係は少しずつギクシャクしてきた」と振り返った。

さらに高橋は自身の結婚生活の中で一番の“しくじり”は「彼女の精神的成長をなめていた」ことだと語った。自身の方が年上であるため、精神的にも自分の方が大人だと勘違いし続けていたことが“しくじり”であったと話す高橋は「男性はどんなことをやっても女性にはかないません」とカメラに向かってアピールし、男は妻に対して謙虚でいることが大切だと話した。

この発言にはTwitterでも「高橋ジョージさん。ほんとに、そうだわ。ほんとに、その通り。」「彼女の精神的成長をなめていた これはなんか重い」「結婚してる男性は見た方がいいのでは…すごい説得力だ…」と、高橋のリアルな反省と教訓にさまざまな反響が寄せられていた。

関連画像