ミキ・昴生、“仕事ゼロ”だったコンビの暗黒期を振り返る「ウケてんのに『アカン』って…」

2020.11.19 20:30
ミキ・昴生、“仕事ゼロ”だったコンビの暗黒期を振り返る「ウケてんのに『アカン』って…」サムネイル画像
ミキ・昴生/(c)E-TALENTBANK

11月18日、フジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』にミキ(昴生・亜生)が出演。2人が、自身らの経歴などについて語る場面があった。

【別の記事】ミキ・亜生、出演番組を「チェックをしないと」と思った“ある出来事”とは?

番組の中で占い師から、“2人の運勢がぶつかってるのが2015年、この時期に何かあったか?”と聞かれた昴生は、「ずっとその時期ぐらいはオーディションに受からなかったりとか」と話し、弟の亜生も「仕事がゼロ」と振り返った。

また、亜生が「毎週なにかしらのオーディションを受けて、毎週ダメ。全部ダメ」と語ると、昴生は「ウケてんのに『アカン』って言われて。それが1番わからんようになるんですよ」とコメント。

そして「ウケてんのに『アカン』って言われるって、じゃあなにがアカンねん。アカンことも言ってくれへんし。変えたくないし、自分らのやりたいことを。もう絶対芯を持ってやりたいから、っていうので、続けた感じでしたね」と当時の心境などを回想した。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100