LinQ、メンバー新木さくらの誕生日にアニバーサリーライブを開催

2020.11.16 18:35
LinQ、メンバー新木さくらの誕生日にアニバーサリーライブを開催サムネイル画像
左:新木さくら 右:MACO

九州/福岡を拠点に活動するアイドルグループLinQ(よみ:リンク)が、メンバーの新木さくらの自身の誕生日でもある11月14日(水)に福岡:イムズホールにて 『"I want you to love me more"sakuraaraki Anniversary Live』を開催した。

本公演にて昨今のコロナ感染拡大により2020年5月2日(土)に開催中止となっていたLinQ9周年『Change the Future』が2020年12月26日(土)ZeppFUKUOKAにて『やっぱりやっときたい9周年LIVE in ZeppFukuoka』とタイトルを変更し開催することを発表。タイトルにもあるように“やっぱりやりたく、やっておきたい”とメンバーの強い意向により決定したという。

またLinQは、6作連続デジタル配信リリース企画と題し2020年9月25日より配信スタート。これまでに第3弾までリリースが発表されている。デジタルシングル第3弾「ヒトリジメ」は13日より配信スタート、新木がセンターを務め王道の恋愛ソングで、衣装、ヘアメークも担当した。新木は「少しでも印象に残る曲、お気に入りの曲であってくれたら」想いを語っている。

また6曲連続デジタル配信の第4弾以降の詳細も発表された。第4弾は12月11日配信の「情熱☆サラマンダー」。第5弾は2021年元旦配信の「祭高音頭」。そして21年1月15日の第6弾は「あいあい愛しとーと▽」というラインアップとなっており第6弾は高木と涼本のユニットソングとなっている。

さらに新木さくらのソロ曲が、2021年に配信されることがサプライズ発表された。新木あこがれのシンガー・ソングライターのMACOが楽曲を書き下ろすことが決定。

MACO本人がサプライズの動画で「さくらちゃんお誕生日おめでとうございます。 MACOですがさくらちゃんに、曲を書き下ろすことが決定致しました。MACO自身、人に曲を提供するのが、すっごい久しぶりなので、それがいつも応援してくれているさくらちゃんということで、すごく今からワクワクしています。MACOの楽曲以上に素敵な楽曲が作れたらいいなと思いますので、頑張ります!」とコメント。詳細は後日発表される予定。 

デビュー以来、変革と進化を繰り返し、常に新たな姿へと変貌を遂げたLinQは結成10年目、6名体制でさらなる飛躍を目指す。

※▽はハートマーク。

【今後のリリース予定】

第4弾
12月11日(金)配信スタート
タイトル『情熱サラマンダー』

第5弾
1月1日(金)配信スタート
タイトル『祭高音頭』

第6弾
1月15日(金)配信スタート
タイトル『あいあい愛しとーと▽』
髙木悠未・涼本理央那ユニット曲

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254