明石家さんま、『VS嵐』出演時の裏話を明かす「なんでも笑ってくれる二宮が…」

2020.11.16 20:10
明石家さんま、『VS嵐』出演時の裏話を明かす「なんでも笑ってくれる二宮が…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

11月14日、フジテレビ系『さんまのお笑い向上委員』に明石家さんまが出演し、嵐とさまざまなゲームで対決する『VS嵐』に出演した際のエピソードを話す場面があった。

【別の記事】今田耕司、“次元が違う”明石家さんまの貯金額に言及「飲んでる時に聞いたことあんねんけど…」

今回番組では、同番組に出演するメンバーらと“軍団明石家”として出演した『VS嵐』の収録を振り返る企画を放送。その中でさんまは「嵐のオープニング、あんなゆっくり落ち着いて喋る人凄い」「俺たち慌てすぎやわ」と発言し笑いを誘った。

それを受けて陣内智則は、さんまがオープニングトークだけで30分も話し、芸人のオラキオの話をするなどしていたといい「リモートのお客さんがさんまさん出てきて凄い最初『きゃー』って目が輝いてたけど20分オラキオの話しするからリモートの客全員床見て」「嵐もほったらかしよ。嵐を背にして我々にバーッ喋って」と話すと、スタジオは再び笑いに包まれた。

さらに陣内は「ゆりやんの屁のくだり」といい、ゆりやんレトリィバァが、しゃがんだ瞬間にオナラの音を出す“オナラ芸”について触れ「これをやったのよ、『VS嵐』で」「全然ウケてない」と話すと、さんまは「二宮、苦笑い」と嵐・二宮和也の名前を出し「あんなにお笑いが好きで、なんでも笑ってくれる二宮が」と話していた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254