福山雅治、『桜坂』の“裏話”を明かす「あんまり売れると思わなかった」

2020.11.17 6:10

11月14日、日本テレビ系『嵐にしやがれ』に出演した福山雅治が、自身の楽曲『桜坂』について話すシーンがあった。

【別の記事】福山雅治、大ファンの女性に放った“カッコよすぎる一言”にネット反響「最高だな」「破壊力」

番組では、ゲストの福山と嵐のメンバーがさまざまなトークを展開。その中で、福山の歴代シングル曲が紹介されると、大野智は「『桜坂』の時に結構僕らもMステ出てて、毎週一緒にいた印象」と話し、テレビ朝日系『ミュージックステーション』でよく共演していたと振り返った。

続けて大野が「ぶっちゃけ『桜坂』できた時って“これ売れる”と思いました?」と質問すると、福山は「いや、実はこれはあんまり売れると思わなかった」と回答。

続けて「これと同じ盤に入ってる『DRIVE-IN THEATERでくちづけを』っていう曲あるんですけど、それはカップリングナンバーなんですけど、いわゆるデートソングなんです。割と明るい」「で、こっち(桜坂)は失恋ソングなので、タイアップとして楽曲を提出する時に、2曲提出したんです。そしたらプロデューサーの方がこっちの『桜坂』の方選んだので、『桜坂』がシングルカットでタイアップになった」と、『桜坂』がシングル曲として発売された経緯を説明した。

そして福山は、「もしその、もう1曲『DRIVE-IN THEATERでくちづけを』っていうのを選んでたら『桜坂』は埋もれ歌になってたんじゃないですかね」「僕は『DRIVE-IN THEATERでくちづけを』をのほうがいいと思ってた」と明かしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254