ジョニー・オーランド、最新EPより「Adelaide」のミュージック・ビデオを公開

2020.11.15 15:00
ジョニー・オーランド、最新EPより「Adelaide」のミュージック・ビデオを公開サムネイル画像
ジョニー・オーランド

カナダ・トロント出身のシンガー・ソングライター、ジョニー・オーランドが先日リリースした約1年振りの最新EP『It’s Never Really Over』より収録曲「Adelaide」のミュージック・ビデオを公開した。恋している相手である“Adelaide(アデレード)”が自分の気に入らない誰かとわざと付き合うことで、嫉妬する気持ちを掻き立てられ、翻弄されながらも、“アデレード”への恋心を歌った内容となっている。

ジョニーは最新EP『It’s Never Really Over』のリリースを記念し、地元トロントでドライブ・イン・ショーを開催。車で来場したファンにEPの楽曲を惜しみなく披露。そんな一夜限りの貴重な公演から、EP収録シングル「Everybody Wants You」のパフォーマンス映像を公開した。新型コロナウイルスの影響を受け、中々ライブなどの大勢が集まる環境でイベントが行えない中でファン想いのジョニーと彼のチームで実施を決定したそうだ。

またジョニーは先日開催されたMTVヨーロッパ・ミュージック・アワード2020にて、2013年から2015年の3年をジャスティン・ビーバーが、2016年から2018年の3年をショーン・メンデスが受賞してきた最優秀カナダ・アクト賞を、2019年から続いて今年度も受賞。2年連続で受賞し、着実に同郷の先輩にあたるジャスティンやショーンと同じブレイク・アーティストへの道を歩んでいると多くの音楽メディアから注目され、今後の更なる活躍に期待が向けられている。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254