新垣結衣×星野源「逃げ恥」“もう一つ”の曲が「すごい高揚感」「めっちゃ好き」と話題

2016.10.27 13:08

新垣結衣×星野源「逃げ恥」“もう一つ”の曲が「すごい高揚感」「めっちゃ好き」と話題サムネイル画像

唄とアコーディオンの姉妹ユニットチャラン・ポ・ランタンの新曲「進め、たまに逃げても」が10月26日(水)に配信スタートとなった。

今回の楽曲はTBS系 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のオープニングテーマとなっており、ドラマサイドからのオファーを受け実現したもの。

ドラマの台本・原作の漫画を読み書き下ろしたという今楽曲は、新垣結衣演じる”職なし彼氏なし居場所なし”の主人公、森山みくりの想いをチャランポらしいメロディーとならではのメッセージの珍しく前向きな応援ソングになっている。

楽曲に対し新垣結衣は、「軽快ポップ、そしてどこか力強い世界観でドラマのオープニングを素敵に彩っていただいてとても感謝してます!この曲のように軽快で楽しくしっかりとした歩みで、森山みくりも進みます!たまに逃げても。」と、ドラマを盛り上げるにふさわしい楽曲ということで主人公からもお墨付きだ。

また、視聴者からも「逃げ恥、オープニングもオススメ」「軽快でドラマとマッチしてていい感じ」「オープニングのチャランポランタンもすごい高揚感ある」「エンディングはもちろんだけど、オープニングも好き」「オープニングの曲めっちゃ好きや!!」と、同ドラマではエンディングの星野源が歌う「恋」と“恋ダンス”が注目を集める中、オープニング曲も話題となっているようだ。

楽曲を書き下ろしたチャラン・ポ・ランタンは「全部自分だけど、全部理想とは少しずつ違う、過去・現在・未来の私。そんなそれぞれの私に送るメッセージです。進むことは大事だけど、たまに逃げたっていいじゃないか。前・後・右・左、どこを向いたとしても、それもこれも“今”の私なのだから。この曲を作って改めて過去・現在・未来すべての自分を愛してあげたいと思えました。」という言葉の通り、主人公を自分たちに置き換えたメッセージソングは、等身大の歌詞にも注目が集まる。

来月からは全国ツアーもスタートするチャラン・ポ・ランタン。LIVEでも盛り上がること間違いなしの新曲、いち早くチェックしよう。

関連画像