ぷらそにかの西山晃世、初のmini album「wish & chips」をリリース

2020.11.12 16:00

YouTubeで話題のアコースティックセッションユニットぷらそにかとして活動するシンガーソングライターの西山晃世がmini album「wish & chips」を11月12日にリリースした。

ぷらそにかは、今夏メジャーデビューを果たした“Hi Cheers!”やテレビドラマ「女子グルメバーガー部」の主題歌を担当した“eill”らも過去に参加。大ブレイク中のYOASOBIのボーカルとしても活動している幾田りらが在籍していることでも注目されており、西山晃世のブレイクを待つ声も多い。

作詞作曲編曲、プログラミング、歌唱、演奏に至るまで自身で手掛けており、マルチな才能が光る渾身の一枚となっている。

収録曲には、結果の出ない葛藤を抱えながらも希望とチップスを頬張るポップソング「wish & chips」、Youtubeチャンネル「Bedroom Radio Club」の企画から生まれた「rainy feat.masa」、他にもコロナ禍の外出自粛カップルを描いた「ソルティーポップコーン・シアターナイト」、社会でもがき苦しむ自身の人間臭さを描いた「虚ろなピーナッツ」などが収録されている。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100