浜辺美波「あんなに泣き叫んだのは…」主演作での“体当たり演技”振り返る

2020.11.12 6:10
浜辺美波「あんなに泣き叫んだのは…」主演作での“体当たり演技”振り返るサムネイル画像
(c)Tomomi Matsui

11月11日放送のフジテレビ系『めざましテレビ』に、12月18日公開予定の映画『約束のネバーランド』で主演を務める浜辺美波がVTR出演した。

【別の記事】浜辺美波、“19年間彼氏なし”を明かし「お酒とか飲むのと同じくらい…」

同作は、食料として鬼に献上するために児童施設で飼育されていた子供たちが、その真実を知り、生きるために脱走を計画するというストーリー。浜辺は、天真爛漫で誰よりも真っすぐな性格の主人公・エマを演じる。

今回涙を見せる場面があったという浜辺は、「初めての挑戦だったのが、“思いを全部解放して感情をぶつける”みたいな」と話し、劇中、浜辺演じるエマが、一緒に暮らしてきた家族の死を目撃してしまうシーンに言及。

そして、「あんなに泣き叫んだのは初めてだったかな、と」「あそこのシーンは1番最初の衝撃のシーンなので、いいシーンになれたらなと思ってました」と、撮影を振り返った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100