キンコン西野が提示した“次に狙うべきネットビジネス”に千鳥・大悟「会社作る」

2020.11.11 18:05
キンコン西野が提示した“次に狙うべきネットビジネス”に千鳥・大悟「会社作る」サムネイル画像
千鳥・大悟(c)E-TALENTBANK

11月10日、フジテレビ系『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』にキングコング・西野亮廣と千鳥・大悟が出演した。

【別の記事】千鳥・大悟、山口智子の“楽屋挨拶”の様子を明かし「カッコいいのよ」

番組では西野をゲストに迎え、“西野流令和のビジネスマインド”について出演者らとトークを展開。その中で西野は現在、絵本作家やクラウドファンディング、オンラインサロンなどの活動で年商8億円越えだと紹介された。

そして西野は、“次に狙うべきネットビジネス”について「こっからは耳を狙ってください」「音声」と発言。YouTubeについて聞かれると「大化けはもうない」といい、「そもそものお客さんの(サービスを利用できる)時間って決まってるんで。1日24時間が増えることはないんで。その空いてる時間を皆んなで取り合っているんで」「どんどんどんどん参加者が増えるとですね、1人頭の取り分減っちゃう」と説明した。

続けて、「ただ、空いてるのはどこかと言うと耳なんです」と発言し、「それが歌なのか漫才なのかテレビなのか、とにかくみんなの自由に使える時間をサービス提供者は取り合っている」「ただ、ほとんど目なんですよね。目の時間を奪ってる。そこ(耳)はまだ空いてる」と話すと大悟は「すぐに行動に移した方がええよな」「わしもう明日『イヤー』って会社作る」「立ち上げるわ」と話し笑いを誘った。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254