中村仁美が妻のさまぁ~ず大竹、“女子アナとの結婚の大変さ”語る「ものすごい…」

2020.11.11 6:10

11月9日深夜放送のテレビ朝日系『さまぁ~ず論』にて、さまぁ~ず(大竹一樹・三村マサカズ)が、“女子アナとの結婚の苦労”について語った。

【別の記事】さまぁ~ず大竹、妻・中村仁美に“コロナ太り”について話すも「やっちまった!」

番組では、ゲスト出演した独身の弘中綾香アナウンサーが、フリーアナウンサーの中村仁美を妻に持つ大竹に対し、“女子アナとの結婚は大変?”と質問を投げかける場面があった。

弘中アナが、「(中村との)出会いは仕事ですよね?」と尋ねると、大竹は、「まあそうなんすかね」と答え、さらに三村は、「出会いは完全に仕事です。深夜番組でした」「向こうがまだ1年目2年目だったんじゃない?」と補足した。

さらに、三村は、「(大竹は妻と)付き合っている期間9年とか8年とか長いから、大竹の奥さんと俺、プライベートでしか会ってない」「もう共演NGになっちゃった」と冗談まじりにコメントして、笑いを誘った。

そして、大竹は、「相手によるよ、弘中も。相手が普通の一般の方だったらまたちょっと違うじゃない」「何言われても顔が見えないから、相手のね」と意見を述べた。

その上で、「俺は(妻について)なんか言うと、“ああ、そういうふうに言ってんだ”みたいになるじゃない」「家で(妻に)ものすごい怒られるっていうシステムですね」として、エピソードトークなどを披露する際に、はっきりと話しにくいことがあると語っていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254