霜降り明星せいや、“3日で700万”ギャンブルで使った粗品を不安視「これからバラエティ…」

2020.11.10 6:30
霜降り明星せいや、“3日で700万”ギャンブルで使った粗品を不安視「これからバラエティ…」サムネイル画像
霜降り明星/(c)E-TALENTBANK

11月8日放送のテレビ朝日系『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』に、霜降り明星(粗品・せいや)が出演。せいやが、ギャンブル好きな粗品についてコメントする場面があった。

【別の記事】霜降り明星・粗品、現在の貯金額を明かしスタジオ驚き「今の所…」

番組では、先月粗品が、趣味のギャンブルで3日間で700万円失っていたというニュースが紹介された。また、その直後に、77万円を賭けた競輪で約250万円勝利し、これを全額寄付するなどして、その豪快な使い方が話題になったという。

これに関連して、せいやは、「(粗品は)700万円とか賭けるから、これからバラエティ大丈夫かな?って」と切り出し、バラエティなどで、“自腹で1人10万円払ってもらう”といった説明があった際、一度に大金を使っている粗品では良いリアクションが取れないのではないかと語った。

これを受け、爆笑問題・田中裕二が粗品に、「おまえ『ゴチ』とかも禁止ね」と、日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』の企画「グルメチキンレース ゴチになります!」に触れながら話すと、せいやは、粗品は“ピタリ賞”発表の際に真剣に祈ることもできないのではないかと指摘して、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100