千鳥・大悟、競艇が好きすぎて劇場出番の合間にも…「漫才中に内ポケットに舟券50枚」

2020.11.6 12:02
千鳥・大悟、競艇が好きすぎて劇場出番の合間にも…「漫才中に内ポケットに舟券50枚」サムネイル画像
千鳥・大悟(c)E-TALENTBANK

11月4日深夜放送の日本テレビ系『東野・岡村の旅猿18 ~プライベートでごめんなさい…』に、千鳥(大悟・ノブ)が出演。大悟が、自身の好きな競艇にまつわるエピソードを語った。

【別の記事】千鳥・大悟、山口智子の“楽屋挨拶”の様子を明かし「カッコいいのよ」

番組では、大悟が好きな競艇に挑戦するという流れになり、移動の道中、ノブは、「大悟はもう劇場の合間とかでも競艇行ってましたから」とその熱中ぶりを明かした。

続けて、大悟は、「漫才中に内ポケットに舟券50枚ぐらい入ってた」「パンパンで漫才してましたから」と振り返って笑いを誘いつつ、過去に勝った最高額は100万円ほどと明かした。

さらに、“舟券は適当に買っている”として、「競馬好きの人はすごい勉強するじゃないですか」「いろいろいるでしょうけど、僕みたいな競艇好きは何の勉強もしないんです。オッズだけ見て“こんだけ金が増えらぁ”言うてやるだけです」と明かし、笑いまじりに語っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100