illmoreの海外アーティストコラボ第2弾はシンガポールのSSW、Joie Tanとの合作

2020.11.6 15:00
illmoreの海外アーティストコラボ第2弾はシンガポールのSSW、Joie Tanとの合作サムネイル画像
illmore feat. Joie Tan “Displaced”

東京を代表するライフスタイルレーベルChilly Sourceメンバーのビートメイカーillmoreが海外コラボレーション作品の第2弾をリリースした。

前作では台湾ネオソウルの新星LINIONとコラボレーションを行い、日本語と中国語、合わせて20以上のSpotifyのプレイリストに入り、Youtube Music J-Soul/R&Bプレイリストのカバーにも抜擢されるなど、大きな話題を呼んだ。今作もそれに負けない高いクオリティーを誇っており、国内外のリスナーを魅了すること間違いない作品になりそうだ。

今作のコラボ相手はシンガポールのSSW、Joie Tan。2018年のデビューシングル「Stay」のリリース以降、アルバム「Joie」を含む作品をコンスタントにリリースし、恋愛や日常を歌うその歌詞や歌声は東南アジアの若者を中心に多くの共感を生んでいる。最新作「Shouldn’t have to run」では、同郷のGentle Bonesとコラボを果たし大きな反響を呼んだ。

illmoreのビートにJoie Tanの浮き通った歌声が乗せられた今作は、英詞の中に日本語が随所に織り交ぜられ、前作とは違った甘い女性ならではの恋心が綴られている。

前作に引き続きillmoreのプロデューサー・ビートメーカーとしての可能性やファンを日本国外に広めていく足掛かりとなる曲になりそうだ。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100