MAINA(大阪☆春夏秋冬)、生誕ライブでバンドを従え自作ソロ曲を初披露

2020.10.28 22:00
MAINA(大阪☆春夏秋冬)、生誕ライブでバンドを従え自作ソロ曲を初披露サムネイル画像
MAINA(大阪☆春夏秋冬)

大阪☆春夏秋冬のリーダーでリード・ヴォーカルのMAINAが、毎年恒例の生誕ライブを10月27日(火)大阪・ESAKA MUSEにて行なった。

『MAINA 23rd Birthday Live “#マイナマインド23”』と題されたこの日のイベント、先日10月24日に23歳の誕生日を迎えたMAINAはアコースティック・ギターをかかえ、ギター・ベース・ドラムス・キーボードからなるバンドを従えて登場。

大阪☆春夏秋冬の曲「その手」のソロ・バージョンで幕を開けたライブは、2曲目からは一部昨年の生誕イベントでも披露した曲を除き、ほぼすべて初公開というMAINAソロ・オリジナル曲のオンパレード。途中アコースティック・ギターの弾き語りやアコースティック・バンド・セット、更には大阪☆春夏秋冬の「太陽と月とピザ」を歌と鍵盤のみで披露する等、バラエティに富んだ構成で本編9曲を終えた。

そしてアンコールの1曲目を終えたところで満を持して大阪☆春夏秋冬の他のメンバー達がバースデー・ケーキを持って登場。MAINAからのムチャ振りで、バンド演奏をバックにメンバーが順番に即興でダンスを披露するという華やかなハプニングもありつつ、アンコール2曲目は最新アルバム『BRAVE SOULS』に収録されているレゲエ・ソング「SUNSHINE LOVE」を全員でパフォーマンスし、最後はステージに残ったMAINAがアドリブで感謝の気持ちを歌いあげてこの日のイベントを終えた。

大阪☆春夏秋冬は今後、11月15日(日)に大阪・umeda TRADにて対バン・ライブとワンマン・ライブの昼夜2公演を実施。その他にも配信イベントから有観客ライブまで、積極的に出演していくとのことなので、是非一度そのパフォーマンスに触れてみてはいかがだろうか。

また今回、MAINAがこの日も弾き語りやアコースティック・コーナーで使用したアコースティック・ギターのメーカーでもあるSago New Material GuitarsのSagoのオンラインショップ“Reodell”にて、MAINAオリジナル・デザインのピックが発売となった。

このピックはMAINA描き下ろしのデザインに加え、素材決定までMAINAがSago側と綿密に打ち合わせながら製作したもので、その製作過程が動画でも公開されているのでそちらもチェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100