LIGHTERS、初の全国流通版のミニアルバムを自主レーベルからリリース

2020.10.22 14:00

LIGHTERSが2019年12月発売の1st EP「Everything」から、約1年振りとなる新作リリースを決定。

初の全国流通盤の5曲入りミニアルバム「bitter peanut butter」を自主レーベルから12月2日にリリースする。

千葉の山奥にある一軒家に機材を持ち込んで録音された今作は、音に不思議な暖かさや朝の匂いを感じる作品となった。エンジニアに米津裕二郎、サポートドラムに金沢健央(ベランダ)が参加している。

また一部店舗特典として、THE MESSENGERSのTHAT’S THE WAY A WOMAN ISのカバー音源CD-R付きで発売される。

さらに、11月11日に先行配信される「Holiday」が22日よりラジオO.A解禁。12月にリリースツアーを東京と大阪の2カ所で開催が決定し、チケットも受付スタートした。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100