北村匠海、吉沢亮との“不思議なコミュニケーション”明かす「ささいなことをカッコよく…」

2020.10.21 20:20
北村匠海、吉沢亮との“不思議なコミュニケーション”明かす「ささいなことをカッコよく…」サムネイル画像
吉沢亮・北村匠海/(c)E-TALENTBANK

10月21日放送のフジテレビ系『めざましテレビ』に、11月13日公開の映画『さくら』に出演する北村匠海、小松菜奈がVTR出演。北村が、同作で共演した吉沢亮とのエピソードを語った。

【別の記事】北村匠海、浜辺美波の“初キスシーン”の相手を演じた感想を明かす「すごい堂々と…」

VTRでは、映画『さくら』の完成記念イベントの模様が取り上げられ、この中で、北村が、吉沢との撮影中のエピソードとして、「どうでもいいことを“いい声”で言う選手権というのをやってて」「不思議なコミュニケーションでしたけど、楽しかったんです」と話している場面が紹介された。

イベント後のインタビューで、北村は、この“いい声選手権”の詳細として、「本当に日常のささいなことをカッコよく言って」「『見ろよ、空は青いぜ』とか」「『壁があれば、壊せ』とか」などと話して笑いを誘い、「なんか、格言を言ってるふうな」とコメント。

これを受け、インタビュアーが、小松に、「どんな気持ちで見てたんですか?」と質問すると、小松は、笑いながら『“やってるな~”と思って」とコメントしていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100