堺雅人『半沢直樹』役がプライベートにも影響?「闘争心がちょっと上がってたのかも」

2020.10.22 6:10

10月20日深夜放送のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』に、堺雅人と東京03が出演し、さまざまなトークを展開。堺が、自身が出演したTBS系のドラマ『半沢直樹』にまつわるエピソードを語る場面があった。

【別の記事】香川照之『半沢直樹』土下座シーンの裏にあった“葛藤”「したくないんです」

番組では、飯塚悟志が、“駅で遭遇したカップルが終始仲睦まじい様子で同じやり取りをしているので、つい、「もういいわ!」とツッコんでしまった”というエピソードを披露。

この流れで、堺は、「半沢、もう僕は全然別人なんですけど」と前置きした上で、「やってる時にコンビニに行ったら、おっきめのリュックを背負った若い男がいて、僕にガツンとぶつかってきたんです」「で、僕が、“迷惑ですよ”って意味もこめて、『すいません』って言った」「そしたらそいつが、でっかいリュック背負ったまま、『気をつけろ!』って言ったんです」と説明。

続けて、「おかしくなっちゃって。『はぁ!?』って言った時に、“ヤバい!”って」と明かすと、飯塚らは笑い声をあげ、「そりゃヤバい」「リュックで倍返し?」などと冗談まじりにコメント。

そして、堺は、「闘争心がちょっと上がってたのかもしれない」「役というよりは、闘争本能ってのが必要以上に焚きつけられたのかもしれない」と振り返っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100