バカリズム、若手時代の“挫折”経験を明かす「全くテレビに出られなくて…」

2020.10.16 6:40
バカリズム、若手時代の“挫折”経験を明かす「全くテレビに出られなくて…」サムネイル画像
バカリズム

10月14日放送のNHK『挫折秘話ブルーヒストリア』に、バカリズムが出演。“挫折”にまつわる経験を明かした。

【別の記事】バカリズム、妻の“好きなところ”を明かす「それ結構重要」

番組では、夏目漱石、野口英世など、歴史上の偉人の“挫折”にまつわるエピソードを紹介。この中で、夏目漱石が、ロンドンでの生活に不満があり、日記に数々のグチを書いていたと紹介された。

この流れで、バカリズムは、「これはちょっとわかりますね」と切り出し、「僕も若手の時に全くテレビに出られなくて。とにかく周りの売れてる人たちの悪口、ずっと言ってましたね。売れてない芸人同士で」と振り返った。

そして、「同世代の売れてる人たちがやってる番組をわざわざ見て、『面白くない』とか『12点』とか言ったりするんですよ」と明かし、改めて「こうなっちゃう気持ちはすごく分かりますね。僕もこういうところあるんで」とコメントしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100