【プロが教える】苦手な方でも簡単に!“大人可愛い”をつくるリキッドアイライナー

2020.10.21 19:20
【プロが教える】苦手な方でも簡単に!“大人可愛い”をつくるリキッドアイライナーサムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

目の印象操作に大事なアイテム、アイライナー。
様々なタイプがありますが、うまく使えていますか?

アイライナーの中でも、液体で書くタイプのリキッドアイライナーは、難しいと思っている方も多いはず。

「うまく引けない...」「どこまで引けばいいの?」そんな声をよく聞きます。

2020年、リキッドの使い方は目尻のみがオススメ!

今回はリキッドアイライナーの引き方ポイントをご紹介致します!

リキッドアイライナーHOW TO!

目尻がポイント!
目尻がポイント!

目尻の上下がつながる“くの字”の部分から、地面平行になる様に横に引きます。

力を入れず、筆先で描くイメージで。

まつげの上も
まつげの上も

次はまつげの上から描き始めます!
黒目の外側の延長線部分から、はじめに引いた線の先と結ぶ。

すき間があくので塗り潰したら完成!

アイライナーの長さは...

まつげの長さに合わせて
まつげの長さに合わせて

基本的に、マツゲ1本分くらいの長さを出すと、目の形にハマりますよ☆

今回使用したアイライナーはこちら

ラブライナー/リキッド ブラック・ブラウン
ラブライナー/リキッド ブラック・ブラウン

シャープにかっこよく目力を出したい時はブラックを!
優しいやわらかい印象にしたい時はブラウンを、なりたい印象に合わせて2色持っておくのがオススメです。

いががでしたか?
コツを掴めば誰でも簡単にできます。
まずは鏡を見て練習してみましょう!

Text & Photo by RIE

RIE Instagramアカウント

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254