水溜りボンド、ナイナイに“楽屋挨拶”しなかったことを釈明「聞いてた話と違う…」

2020.10.9 20:20
水溜りボンド、ナイナイに“楽屋挨拶”しなかったことを釈明「聞いてた話と違う…」サムネイル画像
水溜りボンド

10月8日深夜放送のニッポン放送『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)』に、YouTuberの水溜りボンド(カンタ、トミー)が出演。自身らが出演した、同日放送の日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』の収録を振り返った。

【別の記事】星野源、人気YouTuber・水溜りボンドに「僕の曲を使って」と呼びかけメンバーも大喜び

番組内で、水溜りボンドの2人は、『ぐるぐるナインティナイン』の収録の前、ナインティナインに楽屋挨拶をしなかったことを打ち明けた。その上で、カンタは、「事故なんです!」と切り出し、収録前に、マネージャーに挨拶について確認したところ、“行かなくていい”と言われたため、本番まで楽屋で待機していたと説明。

しかし、いざ収録が始まると、共演者のAAA・宇野実彩子のトークで楽屋挨拶の話題が出ており、そこで、“他の出演者は挨拶に行っている”と察したとして、カンタは、「俺らだけ一切笑ってない」と話し、トミーも「その時に寒気がしたもんね」と、当時の焦った心境をうかがわせた。

さらに、その日、収録に遅刻してきたという四千頭身・後藤拓実のトークでも、楽屋挨拶の話題が出ていたといい、カンタは、「遅刻してる人ですら行ってんだよ?」「俺ら、ちゃんと定刻に来て行ってないんだよ」と話し、続けてトミーも、自身らが“行かない選択をした”と誤解されている可能性を指摘。

そして、トミーは、「聞いてた話と違うんですけど!」「『する気持ちはありました』って言うしかないけどね」とツッコミを交えつつ語り、カンタは、「テレビ、ムズいです」とコメントして、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254