三代目JSB山下健二郎、EXILEのバックダンサーをしていた過去&当時の心境を明かす「なんだこの人たち、みたいな…」

2020.10.6 20:30
三代目JSB山下健二郎、EXILEのバックダンサーをしていた過去&当時の心境を明かす「なんだこの人たち、みたいな…」サムネイル画像
山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)

10月6日、日本テレビ系『ZIP!』に山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が出演した。

【別の記事】EXILE TAKAHIRO、ダウンタウン浜田との“EXILE加入3日目”の出来事を告白「トイレで…」

番組では今回、EXILE TAKAHIROがソロでカバーした『運命のヒト』に関する特集が行われ、この中で放送されたVTR内でTAKAHIROが、オーディションで歌唱したというこの楽曲について「自分の人生を変えてくれたと言っても過言ではない、すごく大切な曲だと思います」と語る場面があった。

これを受け、スタジオの山下は「『VOCAL BATTLE AUDITION』のとき、ちょうど見てたんですよ、僕」「まだ関西にいて、ダンサーだったとき。ずっと見てて、『VOCAL BATTLE AUDITION』すげえ!みたいに思って」と、上京前の出来事を回想。

続けて「その1年後に僕、EXILEのバックダンサーやったんですよ。で、初めて会って、なんだこの人たち、みたいな。かっこいい!と思って。で、夢を与えてもらって、僕もこの世界に入ろうと思ったんですよね」と語り、他の出演者から「健二郎さんの運命を変えるきっかけにもなった一曲なんですね」と声がかけられると、山下は「なったんですよ、思い出深いですね」とコメントしていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254