堤真一、石田ゆり子の“リアルな芝居”に驚き「大丈夫かな?って思うぐらい…」

2020.10.6 10:00

10月5日放送の日本テレビ系『バゲット』に、10月9日に公開予定の映画『望み』に出演する堤真一と石田ゆり子がVTR出演した。

【別の記事】堤真一、2人の娘の子育てを語る「じっと見てたい」

今回が初共演だという堤と石田。劇中では夫婦役を演じており、殺人の容疑をかけられた消息不明の息子を巡って、堤は息子の潔白を望む父親を演じ、石田はもし息子が加害者だとしても生きて帰ってほしいと望む母親を演じる。

VTRの中で、インタビュアーが、“お互いの演技を見て、ここはすごいと思った部分は?”と質問すると、堤は、「演技といっていいのかあれなんですけど」と前置をした上で、「(石田が)日々やつれていくんですよ」「大丈夫かな?って思うぐらい」とコメントした。

これを受け、石田が、「でも実際はですね、やつれていったように見えたかもしれませんけど、ちょっとずつ太っていった」と明かすと、堤は笑い声をあげた。

さらに、石田が、「やつれたように見えるのは芝居?」と話すと、堤は「演技力ですね」と続け、「いやいや、ホント心配になりましたもん」とコメントして、石田への驚きを覗かせていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254