CLiONE、「#僕の最後の青い春 feat. mirei」を配信リリース

2020.10.1 22:15

流氷の妖精と呼ばれる神秘の生物クリオネを模したビジュアルで、自宅からTikTokを通じてクラブミュージックを発信する、正体不明の“ひきこもりDJ”CLiONE(くりおね。)が、今夏の3か月連続配信の締めくくりとして「#僕の最後の青い春 feat. mirei」を配信リリースした。

2020年1月に活動をスタートしたCLiONEだが、今夏の連続リリースでは、フィーチャリングに女性ボーカルを迎えた楽曲を配信リリース。前作「#オーサマーシーズン feat.あずきちゃん。」に続く今作では、ゲストボーカルにmireiを迎える。

総再生回数が900万回以上を超える自身のYouTubeチャンネルでは、歌ってみたやカラオケ動画などでその歌声を聞くことが出来たが、メインボーカルを務めたオリジナル楽曲をリリースするのは今回が初めて。CLiONEとのコラボでアコースティックギターの音色が彩る、儚いラブソングを歌う。

合わせて公開されたミュージックビデオでは、置き忘れになった歯ブラシなど、ふとした時に気づいてしまうような過ぎ去った恋人同士の日々を思わせるシーンが描かれており、mirei自身がそのカップルの姿を演じている。初公開となるCLiONEがアコースティックギターを弾くシーンも含まれた映像に注目だ。

また、LINE MUSICではCLiONEとmireiの2人が選んだ失恋ソングプレイリストも公開された。エモい気持ちになれる、心に染みる切ない失恋ソングを「#僕の最後の青い春 feat. mirei」と合わせて聴いてみてはいかがだろう。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100