土屋太鳳、オーディション合格後も“仕事なかった”子供時代を回想「中1になっても中2になっても…」

2020.10.1 20:40

10月1日、テレビ朝日系『徹子の部屋』に土屋太鳳が出演した。

【別の記事】土屋太鳳、見ず知らずの人から“忠告”受け戸惑い?「どこからこの話が…」

番組の中で土屋が10歳でオーディションを受け、事務所に所属したという話題が展開される場面があった。

土屋は事務所に所属後の仕事事情について「小学校(時代)は受かってからは、勉強中心にやりましょうって言われて。でも中1になっても中2になってもオーディションもないし、話も来なければっていう感じだったので」と回想。

さらにその後、映画『トウキョウソナタ』に出演したことをきっかけに頻繁にオーディションを受けるようになったと説明しつつも「まあその…現場で忘れられたりとか、ずっと忘れられて駅にいたりとかなんかそういう事もありました」と当時の様子を苦笑いで振り返っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100