劇団ひとり、後輩芸人に“自分の銅像”送りつける「尊敬させるため…」

2020.10.2 6:30
劇団ひとり、後輩芸人に“自分の銅像”送りつける「尊敬させるため…」サムネイル画像
劇団ひとり

10月1日放送の日本テレビ系『スッキリ』に、同日から放送開始の番組「『任意同行』願えますか?』」でMCを務める劇団ひとりらがVTR出演。スタジオに生出演していた宮下草薙・宮下兼史鷹とのエピソードを語った。

【別の記事】劇団ひとり、後輩・宮下草薙への複雑な?心境を明かす「僕らの相性も…」

VTRの中で、劇団ひとりは、事務所の後輩にあたる宮下について気になることがあるとして、「宮下くんにこの前ね、僕の銅像を送ったんですよ」と切り出し、鑑賞用に3Dプリンターで作った銅像を、宮下に送ったと説明。

続けて「宮下ってなんか俺のことすごいバカにしてるから」「強制的に尊敬させるために、俺の銅像を送りつけたの」と明かし、「ちゃんと宮下は俺の銅像を飾ってるのか?毎日拝んでるのか?」と投げかけて、「気になりますね」とコメントした。

このVTRを受け、スタジオの宮下は「テレビのところに飾ってるんですけど、やっぱ顔が怖いんですよ、あの銅像」「なんで、裏返し…背中にはしてあります」と明かして笑いを誘いつつも、劇団ひとりのことはちゃんと尊敬していると弁解していた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100