TOKIO国分太一が昔、嵐・松本潤から受けた相談事とは?「すごく悔しがってて…」

2020.10.1 20:20
TOKIO国分太一が昔、嵐・松本潤から受けた相談事とは?「すごく悔しがってて…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

9月30日、フジテレビ系『TOKIOカケル』にTOKIOの国分太一が出演した。

【別の記事】嵐・松本潤、“大スター”すぎてドラマが「全然撮影できない」エピソード振り返る

番組では今回、嵐のデビューに関する話題が展開。この中で、当時、松本潤が国分に対して悩みを吐露していたと明かされる場面があった。

国分は「何か俺覚えてんだけど松潤が、カウントダウンライブやってるときに自分たちの出番が少なすぎて、それに悔しがってたのめちゃくちゃ覚えてるの。『なんで僕らはこんなに少ないんですかね、出番。太一さん』」と切り出すと、その松本からの相談に対して「いや分からん」と返したと当時を振り返ってスタジオの笑いを誘った。

続けて「でも何かそれをすごく悔しがってて、『やっぱり僕ら、東京ドームとかでコンサートやらないといけないんですかね』みたいなこと言ってて。その数年後に東京ドームでコンサートやり始めるわけだから」とも話すと、周囲からも松本に対して「志がすごい」といったコメントが飛んでいた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100