嵐・二宮和也、“本当に仕事がなかった”デビュー5年目の金銭事情を明かす「なんでもいいから仕事を…」

2020.10.2 6:10
嵐・二宮和也、“本当に仕事がなかった”デビュー5年目の金銭事情を明かす「なんでもいいから仕事を…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

9月30日、フジテレビ系『TOKIOカケル』に二宮和也が出演した。

【別の記事】嵐・二宮和也が語った人生の“あるピーク”とは?「俺たぶん…」

番組の中で嵐としてのデビュー後の個人の仕事状況について聞かれた二宮は「本当に、何もなかったんですよ仕事が」と、デビューから5年後の2004年当時を振り返った。

二宮は「その時にみんな個人で働いてて、俺だけ何もやってなかったんですよ」と切り出すと「明細を見て、ほんとにラジオとか取材だけだったんで。『これ死んじゃうな』と思って」と自身の仕事状況などに触れつつ、仕事をもらうために事務所に相談をしたと説明。

続けて「なんでもいいから仕事してる感覚だけでも欲しかったから」と話すと、このタイミングで映画『硫黄島からの手紙』のオーディションへの参加が決まったと明かしてスタジオを驚かせた。

二宮はこのオーディションについて「クリント・イーストウッド監督が撮るっていうのを、もう聞かされたオーディションだったんで、受かろうが落ちようが、この話でちょっとは生活できると」と語り、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254