星野源、映画初共演の小栗旬との撮影は「まったく気を使わずいられた」

2020.9.30 20:40
星野源、映画初共演の小栗旬との撮影は「まったく気を使わずいられた」サムネイル画像
星野源/(c)E-TALENTBANK

9月30日放送のフジテレビ系『めざましテレビ』に、10月30日公開予定の映画『罪の声』に出演する小栗旬と星野源がVTR出演した。

【別の記事】星野源が「1番カッコいい」と絶賛する俳優とは?「芝居でみんなついて行く」

VTRでは、2人が登壇した同映画の完成報告会の様子が取り上げられ、この中で、星野が小栗について、「現場にもそっといる感じの人」「僕も同じタイプなので、2人でただボソボソずーっと話をしてるっていうような…そんな待ち時間だったんですよ」とコメントした場面が紹介された。

インタビューでも、星野は「(小栗は)ボソボソしゃべるイメージはなかったんですよ」「『おまえら!』みたいな、なんかそういうイメージが…『ついてこ~い』みたいな」「そういう人だったら本当にイヤだなと思っていて」と、小栗に抱いていたイメージを明かしながら話し、周囲の笑いを誘った。

そして「まったく気を使わず(一緒に)いられたというか」「しゃべっててもいいし、しゃべんなくてもいいし」「しゃべんなくて隣にいてもまったくストレスがないっていう」と語っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100