月9「スキコト」、美咲を巡ってついに千秋が夏向に恋の宣戦布告!?衝撃のラストにも注目。副音声は桐谷美玲&山崎賢人の“夫婦漫才”に?

2016.9.12 18:33

月9「スキコト」、美咲を巡ってついに千秋が夏向に恋の宣戦布告!?衝撃のラストにも注目。副音声は桐谷美玲&山崎賢人の“夫婦漫才”に?サムネイル画像

今夜第9話が放送されるフジテレビ系月9ドラマ「好きな人がいること」。

先週の放送では、夏向(山崎賢人)からの告白に気持ちを固めた美咲(桐谷美玲)だったが、その返事を伝えるタイミングが掴めないでいた。そして、やっと大きなプロジェクトが成功したら二人でお祝いしたい、と言い出し、その場で返事をすることを決める。そして、なんとかそのプロジェクトに目処がつき、二人でお祝いしようと準備していた美咲に突然千秋(三浦翔平)がバックハグをして…という衝撃の急展開を見せた。

この千秋の行動に、視聴者はTwitterで「千秋…やっぱり好きやんな!!」「やっぱり美咲ちゃんのこと好きになっちゃったんかな…」「やっぱり千秋美咲の事好きだったんだ」という声が上がっていた他、「なんで今のタイミング?」「気づくの遅すぎたんだよ、、」「もう少し早く気づいて欲しかった」との感想が多かった。

また、この千秋の行動によって、千秋派・夏向派の論争が再燃。視聴者の間では「断然三浦翔平派」「夏向よりも俄然千秋派です」「三浦翔平と結婚したい派」「千秋さん最高にやばいし」「やっぱり千秋さんだな~~」といった千秋支持派と、「完全に山崎賢人派だ…」「ぜったいぜったい山崎賢人派」「うちは夏向派だな~」「絶対夏向と結ばれて欲しい」「夏向と美咲に幸せになってほしい」という夏向支持派に意見が真っ二つのようだ。

その他にも「千秋と夏向どっちもよすぎ」「私だったらどっちも取る」「千秋さんも夏向くんも両方のタイプ好きだわ~」「素敵な選択肢がある美咲が羨ましい」「とりあえず美咲の立ち位置羨ましい。」「美咲になりたいと何度思ったことか(笑)」といった意見も多かった。

今夜の放送では、突然の行動に出た千秋がどう動くのか、美咲と夏向の仲は?といった、“三角関係”の行方に注目が集まる。

また、今夜の放送では、副音声を桐谷美玲と山崎賢人の2人が担当。番組オフィシャルサイトには「まじめに副音声をやると宣言して臨んだ二人でしたが、すぐに夫婦漫才のような爆笑トークに転じてしまう様子からも、楽しい撮影現場の様子がうかがえる副音声です。」と紹介されており、クライマックスに向けて盛り上がる切ない恋模様とは一転して、楽しい放送となりそうだ。

そして、JYが歌う主題歌「好きな人がいること」も「レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2016年8月度」で第3位を獲得するなど、ドラマの盛り上がりに負けないヒット作品となっている。

【第9話あらすじ】
ダイニングアウトの料理プレゼンに成功した櫻井美咲(桐谷美玲)は、柴崎夏向(山崎賢人)とお祝いをすることに。美咲は、その時に夏向の告白に答えるつもりだった。しかし、『Sea Sons』でケーキを作って夏向のもとへ戻ろうとした矢先、美咲は千秋(三浦翔平)に突然抱きしめられてしまう。あまりの衝撃に美咲は、作ったばかりのケーキを落としてしまった。

美咲が柴崎家に帰ると、夏向が料理を用意して待っていた。ケーキを落としてしまったと言い訳する美咲。そこに、千秋も帰って来る。千秋と夏向の間で動揺する美咲は、腹痛を装って自室に戻ってしまう。

翌日、美咲は石川若葉(阿部純子)に電話をかけて昨日の出来事を話して恋愛相談。すると若葉は、千秋は美咲が好きだと断定。千秋には高月楓(菜々緒)がいると否定する美咲に、若葉は何とも思っていない女性を抱きしめるわけがないと言う。さらに、夏向への返事をまだ保留にしていることを話した美咲は、いつまでも待ってくれないと若葉に忠告されてしまった。

その日、千秋は話したいことがあると楓を呼び出していた。楓は、話を聞く前に一緒に行きたいところがあると千秋を連れて行く。一方、美咲は冬真(野村周平)から夏向がダイニングアウトの現場へ下見に行ったと聞いて追いかける。昨夜のお祝いをキャンセルしたことを詫びる美咲に、夏向は腹痛なら仕方ないと言う。夏向がひとりで下見に来たのも、自分の体調を気遣ったからだと知った美咲は…。

関連画像