齋藤飛鳥、握手会などでの“素を出す”対応明かし共演者驚き「キス顔してとか…」

2020.9.28 6:00
齋藤飛鳥、握手会などでの“素を出す”対応明かし共演者驚き「キス顔してとか…」サムネイル画像
乃木坂46・齋藤飛鳥/(c)E-TALENTBANK

9月27日深夜、テレビ朝日系『伯山カレンの反省だ!!』に乃木坂46の齋藤飛鳥が出演した。

【別の記事】乃木坂46齋藤飛鳥「運動神経が…」後輩・山下美月の直球?発言に苦笑い

番組では今回、過去に齋藤が出演した際の未公開映像が放送された。この中で齋藤に対して「例えば握手会とかイベントとかいっぱいあると思うんですけど、そういう時とかは一切顔に出さずにできるんですか?」といった質問が飛ぶ場面があった。

これに齋藤は「最初の頃は結構、来る人来る人全員『ありがとう!』とか言って飛び跳ねて喜んだりとかやってたんですけど」と自身の過去の握手会の様子を振り返り、「やっぱり疲れちゃうので、割と握手会とかでは眠かったら眠そうな顔するし」「こう『キス顔して』とか『ウィンクして』とか言われても気分が乗らなければ『嫌だ』って言う、ちゃんとお断りする」と、“素を出す”ような現在の対応の話をしてスタジオを驚かせた。

またその後、齋藤が出演者と共に「キス顔して?」「嫌だ、バイバイ~」といった握手会でのファンとのやり取りを再現すると、周囲からは笑いが起こり「ファンはそれもうれしいかもね」「そっちのがかわいい」という声が上がっていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100