マツコ、YouTubeは「行っときゃよかったって思ってる」複雑な心境吐露

2020.9.22 19:45
マツコ、YouTubeは「行っときゃよかったって思ってる」複雑な心境吐露サムネイル画像
マツコ・デラックス

9月21日放送の日本テレビ系『月曜から夜ふかし』に、マツコ・デラックスが出演。テレビ業界や、YouTubeについて語った。

【別の記事】マツコが「この数年であたしはもういなくなる」と語る理由とは?「ああいう時代に…」

オープニングトークで、マツコは、23歳の番組カメラマンから勧められたYouTubeを観たと切り出した上で、「どうやって見たらいいか分からないチャンネルだったわ」「年の差をものすごい感じたわ」として、あまり面白さが理解できなかったと語った。

その上で「辿り着いた結論があるのよ」「意味を探してる時点でおっさん、おばちゃんなのよ」と話し、「今のテレビって、意味を探して、意味をひけらかすわりには、大したことやってないじゃない?」「若い子はもっと勢いだとか、空気感を見てるのよ」と持論を展開。

そして「あたしたちね、水アカのようにこびりついてるのよ。意味探しが」と嘆き、番組ディレクターに「どうしたらいいと思う?」と投げかけると、ディレクターは、“YouTubeに行くのはどうか?”と提案。

これに、マツコは笑い声をあげて「考えましたよ、それぐらいは。でも(テレビを)裏切れなかったのよ」と話し、「でも今あたし、なんて思ってると思う?」「行っときゃよかったって思ってるわよ」とコメントして、笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100