桐谷美玲主演・月9「スキコト」女子絶叫の山崎賢人「俺がいんだろ?」続きに視聴者注目。三兄弟の秘密も明らかに!?

2016.8.15 19:43

桐谷美玲主演・月9「スキコト」女子絶叫の山崎賢人「俺がいんだろ?」続きに視聴者注目。三兄弟の秘密も明らかに!?サムネイル画像

今夜第6話が放送される桐谷美玲主演・月9ドラマ「好きな人がいること」。

先週放送された第5話では花火大会をきっかけに柴崎千秋(三浦翔平)に告白しようとする櫻井美咲(桐谷美玲)だったが、千秋を巡ってライバル宣言されていた高月楓(菜々緒)の思いがけない秘密を知ってしまい、それを千秋に告げずにはいられなかった美咲。落ち込んだ美咲の元に現れたのは、これまでずっと美咲にそっけなくしてきた夏向(山崎賢人)で…という展開を見せた。

この第5話のラストシーンでは、これまで美咲が気になるそぶりを見せつつも、不器用な優しさしか表せなかった夏向が、千秋のいなくなった場所で美咲と真正面から向き合う、という非常に重要な場面が描かれ、このシーンで夏向が発した「俺がいんだろ?」という台詞に、視聴者からは「叫んだわ、もう。叫んだ。」「うん、最後叫んだよね」「お風呂の中で叫んだわ」「リアル王子様すぎて妹と叫んだ」「おもわずひとりで叫んだ」「月9やばすぎてやばい」という言葉が溢れていた。

今夜放送の第6話では、その後の美咲と千秋と夏向の関係が描かれ、やはり美咲は失恋してしまうのか?美咲と夏向の関係はどうなっていくのか?そして、千秋がこれまで隠す素振りを見せてきた「秘密」とは一体なんなのか?今日の話の展開にも注目が集まる。

また、JY(=知英・ジヨン)が歌う主題歌『好きな人がいること』がCD発売に先駆けて、本日より先行フル配信がスタートしている。

【第6話あらすじ】
花火大会の夜、櫻井美咲(桐谷美玲)は柴崎千秋(三浦翔平)への想いをあきらめざるを得なくなった。そんな美咲だが、夏向(山﨑賢人)に「俺がそばにいてやる」と抱きしめられる。複雑な心境の美咲…。

翌朝、夏向と顔を合わせた美咲は、動揺を隠しきれない。しかし、夏向は今までと同じように、ムスッとしたぶっきらぼうな態度。そこに来た千秋は、高月楓(菜々緒)とやり直すことにしたと美咲に告げる。分かっていたとは言え、千秋から直接聞いてしまうとは…。美咲は1人になるために洗面所へ急ぎ、涙を隠すために、しばらく顔を洗い続けた。

そんなある日、千秋はレストラン同士が期間限定で店を出すイベント、ダイニングアウトの企画を持ち込んだ。コラボする店は超有名レストランだと聞いて、冬真(野村周平)は驚く。千秋によると、先方が夏向と一緒に仕事がしたいと指名してきたそう。すると、話を聞いていた冬真の表情が少し曇った。

早速、夏向は美咲と一緒に先方のレストランに打ち合わせに向かう。そこで、2人を出迎えたのはレストランプロデューサー、大橋尚美(池端レイナ)。美咲は有名プロデューサー登場に大はしゃぎだが、夏向は尚美に軽い挨拶。夏向と尚美は知り合いのようだ。

打ち合わせを終えた美咲は、久しぶりに石川若葉(阿部純子)に会おうと待ち合わせの約束。そして、帰ろうとした美咲を夏向が引き止めた。行きたいところがあるので付き合えと言う夏向に、美咲は…。

関連画像