NEWS
PICKUP
RANKING

流線形、デビュー作『シティミュージック』から人気曲2曲を初の7inch化

2020.8.26 16:00
流線形、デビュー作『シティミュージック』から人気曲2曲を初の7inch化サムネイル画像
流線形「3号線/恋のサイダー」

流線形の「3号線」と「恋のサイダー」を両A面としたアナログ・シングル盤が、2020年11月3日のレコードの日に発売されることが決定した。

流線形はクニモンド瀧口、林有三、押塚岳大からなるユニット(現在はクニモンド瀧口のソロユニット)として2003年にエイプリルレコードからアルバム『シティミュージック』を発表。この作品がDJやレコード蒐集家など耳の早いリスナーの間で話題となる。

その後シティポップ・ブームの追い風を受ける形で年々評価が高まり、今年7月にはプロダクション・デシネよりリマスタリングされたアナログ盤のLPが、8月にはエイプリルレコードよりリマスタリングCDが発売され話題となった。

今回リリースする7inchアナログ盤は『シティミュージック』よりDJ人気の高い「3号線」と「恋のサイダー」を初めてシングル・カットしたもので、新たにリエディット&リマスターを施し、LPとの違いを楽しめる形となっている。

また11月4日には主宰者クニモンド瀧口選曲の初のコンピレーションCD『CITY MUSIC TOKYO』も発売。こちらは流線形の源となる“シティーミュージック”を集めたもので、初CD化曲、長らく廃盤となっていた曲、現時点での未配信曲など、この盤でしか聴くことの出来ない曲も多数収録されている。

流線形をより深く知るための1枚として是非チェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254