小室哲哉、KEIKOの歌手活動について「まだちょっとね。難しい」「本人はやる気はある」現状語る

2016.8.1 21:44

小室哲哉、KEIKOの歌手活動について「まだちょっとね。難しい」「本人はやる気はある」現状語るサムネイル画像

小室哲哉が、8月1日、Twitter上の動画で、妻でglobeのボーカルKEIKOの近況を伝えた。

globeの小室哲哉がファンからの質問に直接答えるTwitter上のハッシュタグイベント「#ASKglobe」が再び開催された。これは、昨年12月にglobeの20周年プロダクト第2弾『#globe20th -SPECIAL COVER BEST-』のリリースを記念して、1日限定で行なわれてた企画で、「ASK=尋ねる」という文字通り、Twitterで小室哲哉に聞きたい質問を「#ASKglobe」をつけてツイートすると、時間の許す限り小室自身が答えるというものだ。

その中で、小室は、ファンからのglobeのツアーをやらないのか?もしKEIKOの出演が今は難しいのであれば小室哲哉とマーク・パンサーの2人では?、と言う質問に対して「globeのKEIKOさんなんですが」と前置きし「こないだ僕と一緒に検査にも行ったんですけれども。すごい本人はやる気はあるんですよ。でもまだちょっとね。難しいかな、って感じでした。」と近況を報告した。

8月3日には小室哲哉自身の手で「Feel Like dance」や「DEPATURES」などを2016年型globeの音へ再生したプロダクト「Remode 2」もリリースされる。

関連画像