米津玄師『Lemon』の歌詞に対する現在の心境明かす「当時作ってた時とは全然違う風に…」

2020.8.25 10:00

8月23日に放送されたTBSラジオ『米津玄師×野木亜紀子「MIU404」対談』で、米津玄師が自身の楽曲『Lemon』について話す場面があった。

【別の記事】米津玄師「連絡もほとんど全部無視して」音楽に“埋没”した自粛期間

約2年前にTBS系ドラマ『アンナチュラル』のために書き下ろした同曲について、米津は「当時作ってた時とは全然違う風に自分自身感じるところがあって」と曲の捉え方に変化があったと話し始めた。

米津はその変化について「すげえ“呪い”みたいな曲だなって思うんですよね」「この『いまでもあなたは私の光』って、すげえなんか怖っと思うんですよね」「こんな怖い言葉書いてたのかみたいな気持ちになったりして」と心境を語った。

そして、ドラマ制作側からの依頼について「人を優しく包み込むみたいな、そういうオーダーだったんですけど」とも明かしながら「2年経って、自分で聴いた時に全然なんかそんな感じが全くしないというか」と明かした。

米津は、捉え方の変化について「それは自分が変わったんだろうなぁとは思うんですけど、そういう風にね、自分の曲の捉え方とかそういうのが年々変わっていく」「(曲が)どうやって人々と一緒に過ごしていくのかなというのは、すごく興味深いですね」と語っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254