キンプリ平野、杉咲花との過去の“アクシデント”に「悪いのは俺なので…」

2020.8.25 6:10

8月23日、日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に杉咲花が出演し、King & Prince・平野紫耀とのエピソードを話すシーンがあった。

【別の記事】杉咲花、高校時代に木村拓哉から課せられた“罰ゲーム”明かす「赤点取った場合…」

杉咲は、ドラマで共演していた平野に謝りたいことがあるとして、撮影休憩中に座っていた杉咲を驚かそうと後ろから近づいた平野が、ガラスの壁があることに気づかず激突。平野は撮影中にも関わらず口元を怪我してしまったといい、そのことを杉咲は謝りたいと明かした。

その後、そのことについて平野から手紙が届き、「あの時いつも元気な花ちゃんが普段と違ってとても疲れた表情をしていたので元気を出して貰おうとびっくりさせたかったのですが、まさか目の前のガラスに激突するなんて自分が一番びっくりしました。悪いのは俺なので気にしないで」「あの日花ちゃんが差し入れでカレーパンを持ってきてくれましたが傷口にカレーが染みてちょっと痛かったです」とコメントが届いた。

それを受けて杉咲は「その時、他にも共演者の方々がいて、みんなで食べようってなって平野さん怪我されちゃったんで、痛いよねってっていう空気になったんですけど無理して食べてくださって。後日聞いたら『すごい痛かった』って言ってて。優しさで食べていただいたんだな」と話していた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100