Skoop On SomebodyのTAKEとゴスペラーズの村上てつやによる“武田と哲也”がデビューミニアルバムをリリース!ワンマンライブも東名で開催決定

2016.7.25 12:36

Skoop On SomebodyのTAKEとゴスペラーズの村上てつやによる“武田と哲也”がデビューミニアルバムをリリース!ワンマンライブも東名で開催決定サムネイル画像

2006年夏にSkoop On SomebodyのTAKE(武田雅治)とゴスペラーズ村上てつや(村上哲也)の二人の本名を繋げると“武田哲也”になることから、鈴木雅之の命名により結成されたジャパニーズ・セクシー・ソウル・デュオ“武田と哲也”。

鈴木雅之、ゴスペラーズ、Skoop On Somebodyが中心となり毎年開催されている、ソウル・ミュージックの祭典「SOUL POWER」に出演し、ステージ上で結成10周年にしてデビューミニアルバムのリリースと、6年振りとなるワンマンライブの開催を発表した。

ミニアルバムは10月5日リリース「タイトル未定」となっており、現在開催中の「SOUL POWER 2016」会場にて特別先行予約を実施中。特典として「SOUL POWER 限定予約特典 武田と哲也ポストカード2枚セット」が付いてくる。

さらに、ミニアルバムのリリースを記念して開催される、ワンマンライブ「SOUL POWER presents “シルクの似合う夜 part5”」は東京・ディファ有明、Zepp Nagoyaの2カ所で開催が決定。

前回開催されたツアーは、カバー曲を中心としたセットリストだったが、今回リリース直後となるタイミングで開催されるワンマンライブなので、ミニアルバム収録の楽曲を余すことなく体験できる貴重な機会となるだろう。

お互いのスケジュールの合間を縫って活動を続け、結成10周年を迎えた武田と哲也の今後の活動に注目が集まる。

関連画像