Awichが新曲「Bad Bad」を先行配信&ミュージックビデオも公開

2020.8.14 14:00

2020年8月21日にEP「Partition」のリリースを控えたAwich。EPから先駆け、楽曲「Bad Bad」が配信リリースされた。

Awichは、Red Bullと〈88rising〉共同制作の長編ドキュメンタリー『Asia Rising: The Next Generation of HipHop』にて、アジアを代表するラッパーとして紹介されるなど、国内外で絶大な支持を集めるラッパー/シンガー。

2020年1月にフルアルバム『孔雀』をリリースして以降、海外アーティストとのコラボレーションや、BLACK LIVES MATTER運動への参加他、コロナ禍においても活発な活動を見せる中、今作よりリリースをメジャーに移す発表をしたことにより更なる注目を集めていた。

新曲「Bad Bad」はプロデューサーであるChaki Zuluのトラックで、誰かを好きになる時の喜びと切なさを歌った楽曲。8月14日AM0時の配信リリースと同時に公開されたミュージックビデオは、前作「ShookShook」のビデオと同様に、音楽シーンで今最も注目されている映像作家、山田健人(dutch tokyo)が監督し、Awichの故郷である沖縄で撮影された。スタイリングも「Shook Shook」と同じく、数多くの著名アーティストを手掛ける服部昌孝が担当している。

山田健人監督は「ラッパー、1人の女性、そして母。Awichさんの持つあらゆる側面を沖縄という場所で撮れたことを光栄に思います。」とコメント。

また、AwichはスペースシャワーTVが手掛けるオンライン・ライブハウス“LIVEWIRE”での公演を8月25日に予定している。バンドにはSOIL&“PIMP”SESSIONSのメンバーを中心とした強力な布陣で臨む、メジャーデビュー後初のライブ。本公演は、招待制による無料配信公演となっている。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100