グラス・アニマルズ、4年ぶりのアルバム『ドリームランド』をリリース

2020.8.8 13:00

イギリス発のバンド、グラス・アニマルズが、4年ぶり3作目となるスタジオ・アルバム『ドリームランド(Dreamland)』を8月7日(金)にリリースした。

フロントマン兼プロデューサーのデイヴ・ベイリーによると、「夢の国」と名付けられたこのアルバムは「人生のノスタルジックな回顧録」。2018年にバンドのドラマー、ジョー・シーワードが恐ろしいバイク事故に遭い、彼が生死をさまよった時に抱えた感情を含め、デイヴの個人的な経験を元にした楽曲が収録されていると語る。

「このアルバムには、僕の人生の中で最も混乱した多くの瞬間が反映されている。幼い頃の最初の思い出から現在までの、成長の記録のようなもの。…実際、どの経験も非常にエキサイティングなものだよね。だから人生は、僕らにイエスかノーの2択の質問を投げかけてくるんだ。でも、世界はそれよりもずっと面白くてカラフルな場所。流動的で不確かな所なんだ」

昨年末に配信となった、ラッパーのデンゼル・カリーをフィーチャリングし、東京にインスパイアされた楽曲「Tokyo Drifting」の他、コロナ禍にデイヴ・ベイリーのロンドンの自宅周辺でミュージック・ビデオが撮影された「Heat Waves」など、計16曲が収録されたアルバムとなる。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254