NEWS
PICKUP
RANKING

Nissy(西島隆弘)、青空の下のソロSHOT公開&ソロ活動7周年を報告「またいつか逢えるように!」

2020.8.7 10:10

【別の記事】AAA西島隆弘、サングラス姿の写真公開に「目の保護すぎ」と絶賛の声

西島は自身とスタッフの管理するInstagramにて「今日がAnniversaryって 決めたつもりもなく、 その当時はいつに何を出そうとかなんて考えている余裕も無く無我夢中で、 行く手を阻むことを押し切り、『どうしようか?』のMVをYouTubeにアップしました。それから7年が経ちました。」と、ソロ活動が7周年を迎えたことを報告。

続けて「日々、作品を見て聴いて楽しんでいただき ありがとうございます。」「24歳くらいからソロの年間プランをいくつものパターンで作り 何度提案してみても、面白いのかどうかすら 答えてくれないまま、何度も跳ね返され前向きに動いてくれる人は 僕の近くにはほとんどいなくて、 それでも 面白そうって言ってくれる人を 仕事の合間を縫って探し続けて」「気持ちを込めた企画書に 少しでも目を通してくれて、話を聞いてくれて そして どんな作品になるのか想像しながら『これ面白そう。』の言葉を 言ってくれただけでも その当時は、充分嬉しかったのに そのプランの第一歩である 『どうしようか?』の作品作りに手を差し伸べてくれた方々に 変わらず感謝しています。」とソロ活動への苦悩や、関係者への感謝を綴った。

また「自分が考えたプランが 面白いのか?楽しいのか? それだけ知りたくて、執着して その当時から、 ソロに対して 明確な目標というか、 目指す所は具体的に無いまま 作り続けて7年。」「『面白い、楽しい、感動した!』 作品を見て聴いてくれた方々の いろんな気持ちがたくさん集まって、 その感情がいくつもの作品達に宿り 今でも作品作りを続けています。」とし、「作品に興味をもってくれて ありがとう。 楽しんでくれてありがとう。」とコメント。

さらに「エンタメはかなりのダメージで 予定通りにいかないことに 拍車が掛かり てんやわんやしてます。精神的な日々のダメージも凄いですよね。 もちろん皆さんもですよね。」「とりあえず 本当にこの先どうなるか 分からないまま、作品は作れる範囲で作ってますよ!」と、近況についても明かした。

最後に「何をもってして 乗り越えたって言える時が来るのか 乗り越えるという言葉が合ってるのか 変化していることに 順応に対応していくという言葉が合っているのか 具体的には分かりませんが」「今を頑張って、たまに休んで(理想の休み方すらしにくい状況ですが) そしてまた頑張りましょう!」「またいつか 逢えるように!」と、ファンに対してメッセージを送っていた。

この投稿に、ファンからは「7周年おめでとうございます!」「また逢えますように!!」「大好きです」「これからも応援しています」「西島さんの文ほんとにだいすき」「また会える日まで頑張ろうと思えました!」といった声が集まっていた。

画像出典:Nissy(西島隆弘)&STAFF オフィシャルInstagramより

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100