米津玄師が4週連続1位を獲得!今注目の歌詞ランキングに三浦春馬さんの楽曲もランクイン

2020.8.2 12:00

米津玄師が4週連続1位を獲得!今注目の歌詞ランキングに三浦春馬さんの楽曲もランクインサムネイル画像

米津玄師

歌詞検索サービス「歌ネット」が、7月30日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位に米津玄師の「感電」が輝いた。4週連続での首位記録となる。2020年8月5日にリリースされるニューアルバム『STRAY SHEEP』収録曲であり、綾野剛と星野源出演の金曜ドラマ『MIU404』主題歌として書き下ろされた。MVの監督を務めたのは、映像監督・写真家の奥山由之氏。車の運転席からみた景色で構築され、次々と巻き起こるめくるめく展開に、運転手がとまどいながらも、音に合わせたリズミカルなテンポと、ユーモア溢れる発想と美しい映像美で見るものを興奮させる作品となっている。

2位には、故・三浦春馬さんの「Night Diver」が初登場。2020年8月26日にリリースされるニューシングルのタイトル曲だ。“表現者”としての彼の魂がファンの心の中で輝き続けていけるようにとの願いを込めてリリースが決定したという。同曲は、Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、日向坂46などに楽曲提供している新進気鋭作家、辻村有記が作詞作曲プロデュースを担当。なお、MVの再生回数は公開後わずか4日で1000万回を超え、異例のペースで再生回数を伸ばしている。

3位には、ビッケブランカの「ミラージュ」が初登場。2020年8月19日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、玉木宏と高橋一生出演の火曜ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』のオープニング曲として書き下ろされた。見えているけれど手が届かないものを追い求める強さを表した歌詞と、不穏に満ちたイントロから浮遊感あるトラックにドラマチックなメロディが特徴の美しい1曲となっている。

4位には、Official髭男dismの「Laughter」がランクイン。2020年8月5日にリリースされる New EP『HELLO EP』収録曲であり、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』主題歌として書き下ろされた。MVの監督は、ヒゲダンの作品を多く手がける新保拓人氏。今作に関して、監督は「遠くない未来という設定で、花畑を作るために壮大な計画を実行する少女達の友情の物語です。『人はいつも豊かさを求めている』ことを健気な2人を通して表現しました。実は色々な見方ができるストーリーになっているので、何度も見て頂きたいです。美しい音楽と映像を楽しんでください!」とコメントしている。

5位には、陽香留の「Blue Star」がランクイン。2020年8月12日にリリースされるニューシングルのタイトル曲だ。身近で応援してくれる方や支えてくれる方への感謝の想いと飛躍への決意を描いた作品。チャレンジする過程での挫折や葛藤、応援してくれる方々による奇跡とも感じられた現実、繊細な感情や情景を、ポップスをベースにクラシックテイストも交え、優しくも力強く表現。陽香留の魅力が詰まったナンバーとなっている。

【2020年7月30日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 感電/米津玄師
2位 Night Diver/三浦春馬
3位 ミラージュ/ビッケブランカ
4位 Laughter/Official髭男dism
5位 Blue Star/陽香留
6位 ETERNAL/EnGene.
7位  生きるチャンスくれた奇跡ありがとう/Saki
8位 MILABO/ずっと真夜中でいいのに。
9位 センチメートル/the peggies
10位 Bussin’ (feat. Yellow Bucks) /AK-69

関連画像

関連記事

関連リンク