宮下草薙、EXIT・ぺこぱ等とは異なる“強み”とは?「キラキラしてるところに…」

2020.7.21 20:20

7月20日深夜放送の文化放送『宮下草薙の15分』に、宮下草薙(宮下兼史鷹・草薙航基)が出演。“なぜ宮下草薙は売れたのか?”というテーマで、トークを展開した。

【別の記事】「1度解散して…」宮下草薙・宮下、草薙との“コンビ格差”で苦しい心境を吐露

番組の中で、草薙は「(自分たちは)売るところがないじゃんか」と切り出し、「EXITみたいに華あるわけじゃないし」「キャッチーな一発ギャグみたいなのもないしさ」「ぺこぱさんとかやっぱ…コンテストで別に俺ら結果も出してるわけじゃないし」と、他のコンビを引き合いに出しつつコメント。

さらに「人気もないじゃんか、正直」「第7世代みたいの入ってるけどさ、春から第7世代の番組、何個か始まったじゃん」「ああいう勝負の番組はさ、1本も呼ばれないじゃんか、俺ら」と続けた。

草薙の主張に対し、宮下は「いやでも合わないんじゃない?やっぱ。キラキラしてるところに宮下草薙は」「芸人が本来やらなきゃいけない仕事を“嫌だ”って言える立場なのよ、僕らは」と持論を展開。

そして「そこに需要があるのよ。見たことないお笑いだから」「そこを許してくれるスタッフさんを選んで、マネージャーはたぶん売り込んでくれてる。僕らのことをね」と、自身が考える“強み”に触れ、「宮下草薙は他にないことはやれるから」「ただ、やれないこと多いよ」「こんなに不器用な2人はいない」とコメントしていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254