トロイ・シヴァン、新曲「Easy」のミュージック・ビデオを公開&約5年ぶりとなる新作EPの詳細も発表

2020.7.17 12:30
トロイ・シヴァン、新曲「Easy」のミュージック・ビデオを公開&約5年ぶりとなる新作EPの詳細も発表サムネイル画像
Photo by Tim Ashton

オーストラリア人シンガー・ソングライターのトロイ・シヴァンが、最新シングル「Easy」をリリース。さらに自身が出演し、監督を務めたミュージック・ビデオも公開された。

「Easy」は恋愛関係にあった相手との間に生まれた距離感が原因で浮気をしてしまい、どうにかその関係を取り戻そうと訴える内容。トロイ本人が監督を務めたミュージック・ビデオでは、恋人との間で起こった出来事に悲しみの表情を浮かべ、現実から目を背けたり、意気消沈する様子が描かれている。

また2018年8月に発売した『Bloom』以来のプロジェクト、EPとしては2015年にリリースした『Wild』以来約5年ぶりとなる新作EP『In A Dream』が2020年8月21日に発売されることも発表された。

このEPについてトロイは、“今もまだ模索している途中のストーリーなんだけど、これらの曲のコレクションは感情や考えを驚くほどに最も新鮮に感じていた時期に僕の感情が激しく変化していた時を探求しているものなんだ。これらの曲とその瞬間に向き合うことは辛いけど、この作品を誇りに思っているし、世に送り出すことにワクワクしているんだ”と語った。

トロイは、この6曲入りのEPのうち5曲をこれまでにテイラー・スウィフト、マルーン5、ザ・ウィークエンドらと共作してきた敏腕プロデューサーのオスカー・ゲレス氏と取り組んだ。『In A Dream』には、楽曲公開後に曲名がツイッターの世界トレンドで即座に1位を記録し、8000万回以上の楽曲再生数を記録している「Take Yourself Home」も収録。

同楽曲はトロイが監修した日本語を含む世界9か国語のリリック・ビデオが公開されたことも大きな話題となった。米PAPER誌は「Take Yourself Home」について“新型コロナウィルスの勃発後に出た曲の中で最も素晴らしいい曲の1つだろう”と絶賛のコメントまで送っている。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100