IZ*ONE宮脇咲良、コロナ禍でファンに会えない状況の今“改めて伝えたいこと”

2020.7.17 6:20
IZ*ONE宮脇咲良、コロナ禍でファンに会えない状況の今“改めて伝えたいこと”サムネイル画像
(c)OFF THE RECORD

7月15日深夜放送のbayfm『今夜、咲良の木の下で』に出演したIZ*ONE・宮脇咲良が、新型コロナウイルスの影響でファンに直接会えない現状を受け、コメントした。

【別の記事】IZ*ONE宮脇咲良、ファンに見せた“神対応”に反響「凄すぎ」「さすがプロ」

番組の中で、宮脇は「直接会えないじゃないですか、今って」「でもこんなことって誰が予想してましたか?」と切り出し、「私たちって時間が決まってるグループじゃないですか」「その時間までは当たり前に会えると思った」と、IZ*ONEが期間限定のグループであることに触れつつコメント。

続けて「いつまでもいると思うな、親とアイドルですよね」「アイドルも、いつまでいるかはホントにわからないんですよ」「だから、推せる時に推す、会える時に会う、これはね、オタクとしてホントに心から言える言葉ですね」「私もオタクとしても生きている身ではあるので」と語った。

そして「こういう状況だからこそ、今改めて伝えたいと思ったんですよ」と話して、「コンサートも、どうしても本当に無理なのはしょうがないけど、ぜひ会える時に会いたいですし、来れる時に来てもらえたら嬉しいなって思います」「ホントにこれを言いたかったんですよ」と、ファンにメッセージを送った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100