稲垣吾郎、SMAP時代の楽曲秘話に「面白い何この曲」

2020.7.9 6:10
稲垣吾郎、SMAP時代の楽曲秘話に「面白い何この曲」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

7月7日に放送されたTokyoFM『THE TRAD』で、稲垣吾郎とシンガーソングライターのKANがトークを展開した。

【別の記事】稲垣吾郎 芸能活動以外の道について語る「今他のことが…」

番組内では、SMAPのアルバム『SMAP 016 / MIJ』に収録された、稲垣吾郎のソロ曲『Thousand Nights』を放送。

同曲はKANの作曲だと紹介し、稲垣吾郎は「めちゃくちゃかっこいいですね、この曲」「僕が言っていいのか」と、楽曲について話した。

KANは「稲垣吾郎くんっていうイメージで作った歌詞があって」「『私はダンディ』っていう曲で」と、製作時には現在と違うタイトルと歌詞がついていたと明かした。

様々な国の名前が登場し、旅を思わせるコミカルな当時の歌詞に、稲垣は「面白い何この曲」「これなんか今の僕だったらこっちのほうが良くないですか」と、絶賛。

稲垣は「この歌、歌っていいんだっけ?僕今」「だめなの?」「KANさんが歌って、僕がKANさんのカバーとして歌うっていう」と、同曲を歌うことに意欲をのぞかせていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254