マックス・リヒター、構想10年以上をかけたアルバム『VOICES』発売決定

2020.6.27 15:00

マックス・リヒター、構想10年以上をかけたアルバム『VOICES』発売決定サムネイル画像

マックス・リヒター

マックス・リヒターの9作目となるスタジオ・アルバム『VOICES』を7月31日に発売することが決定した。また、先行シングル「All Human Beings」が配信スタートした。

同アルバムは、「世界人権宣言」からインスピレーションを受けて、構想10年以上をかけた作品となる。

マックス・リヒター曰く、「考える場としての音楽、というアイディアに惹かれたんだ。今、僕ら人間に考えねばならないことがあるのは、あまりにもあきらかだからね。僕らが生きているのは非常に困難な時代だ。自分たちが作った世界を見回し、絶望と怒りを覚えるのは容易なことだ。でも、問題を作ったのが僕たち自身であるのなら、解決策もまた手の届く範囲にあるはずだ。『世界人権宣言』は人間が前に進むための道を示してくれている。欠点がないわけではないが、より良い、思いやりのある世界は実現可能だという、力づけられるヴィジョンを謳っているんだ」

先行シングル「All Human Beings」のビデオもプレミア公開された。また彼の代表作の1つである2015年に発表したアルバム『スリープ』がアプリとなって登場。ユーザー各自が目的を選び、時間を設定して、音楽セッションを楽しむことができ、壁紙には「スリープ」の音楽テーマに沿ってプログラムされた“惑星のアニメーション” が映し出される。セッションは “睡眠”、“瞑想”、“集中”の3種類。セッションごとの音楽シーケンスはリヒターと共同で開発された。アプリのためにリヒターは”目覚まし用のサウンド”も 新たに作曲している。

関連画像

関連記事

関連リンク